簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、該当する記事を確認してから解いて下さいね。

~問題~

A商店は、B商店への買掛金2,000を支払うため、
かねてから売掛金(1,500)のあるC商店の引受を得て
為替手形を振出し、残額は小切手で支払った。

・A商店の仕訳

・B商店の仕訳

・C商店の仕訳

~解答~

A商店は、B商店への買掛金2,000を支払うため、
かねてから売掛金(1,500)のあるC商店の引受を得て
為替手形を振出し、残額は小切手で支払った。

・A商店の仕訳

(買掛金)2,000  (売掛金)1,500
           (当座預金)500

まず、引受を得た分を売掛金の減少として貸方に。
そして、残額500は小切手払いですので、当座預金の減少となります。

・B商店の仕訳

(受取手形)1,500  (売掛金)2,000
(現金) 500

為替手形だろうと約束手形だろうと手形を受取れば「受取手形」です。
そして、受取った他人振出小切手は「現金」でしたね。

・C商店の仕訳

(買掛金)1,500  (支払手形)1,500

A商店の買掛金をチャラにしてもらう代わりに、B商店に対して手形債務を負います。
名宛人の処理はいつも「買掛金/支払手形」の処理となりますので、
まずは仕訳から覚えてしまうのもアリですね。