今回は「自己宛為替手形」についてです。

1.自己宛為替手形の極意

自己宛為替手形は、「自己が名宛人の為替手形」となります。
通常の為替手形でしたら登場人物は3人ですが、
自己宛為替手形の場合には登場人物が2人となります。

~為替手形の登場人物~

・振出人
・名宛人
・受取人

通常の為替手形ですと、振出人・名宛人・受取人は全て別人です。
しかし、自己宛為替手形の場合には、「振出人=名宛人」となります。
したがいまして、登場人物は、振出人と名宛人(同じ)・受取人の2人になります。

これであれば、通常の約束手形と処理はなんら変わりません。
為替手形の場合は、名宛人が支払いをしますが、自己宛為替手形の場合には
名宛人と振出人は同じですので、結局は振出人が払うことになります。

約束手形も、支払いをするのは振出人です。

まとめますと、

自己宛為替手形は約束手形と同じ処理をすればOK

となります。

例)
A商店はB商店から商品1,000を仕入れ、
代金はA商店を名宛人とする為替手形を振り出した。(A商店の仕訳)

(仕入)1,000 (支払手形)1,000

約束手形と同じ処理ですので、振り出した時点で「支払手形」を使用します。
なお、自己が名宛人の場合には引受は必要ありません。
自分で自分の承認を取る必要はありませんから。

自己宛為替手形は試験特有の問題です。
一般の取引であれば、こんな面倒なことはしないで約束手形を振り出せばいいですから。

ただ、為替手形というだけでアレルギー反応を起こす方がいますので、
そういった方を引っ掛けるためだけに用意された問題と言えるでしょう。

このブログを読まれている方は、引っかかりませんね!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント

自己宛為替手形を振り出したら貸方は「支払手形」!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2.為替手形の裏書

手形の裏書は、約束手形だけではなく為替手形でも行われます。
この場合の処理は、

今までと何も変わらず

でOKです。

つまり、為替手形を裏書譲渡したのであれば、「受取手形の減少」。
為替手形を裏書譲渡されたのであれば、「受取手形」でOKです。

例)
A商店はB商店から商品3,000を仕入れ、
代金はC商店から受け取った為替手形3,000を裏書譲渡した。

・A商店の仕訳

(仕入)3,000 (受取手形)3,000

・B商店の仕訳

(受取手形)3,000 (売上)3,000

今までと全く同じ仕訳ですね^^

3.おわりに

今回は「自己宛為替手形」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
自己宛為替手形は、実務上はほとんど登場しませんが、試験上はそこそこ出ます。

やっていることは、

「約束手形と全く同じ」

ですので、とても簡単です。
点取り問題になりますので、しっかりと押さえておいて下さい!