簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、該当する記事を確認してから解いて下さいね。

~問題~

1.A商店は、従業員に10,000を前貸し現金で支払った。

2.A商店は、従業員に給料70,000を支給した。なお、前貸分は控除して現金で支払った。

3.B商店は、A商店が負担すべき交通費を立て替えて支払った。

4.A商店は、上記3の交通費をB商店に支払った。

・A商店の仕訳

 

・B商店の仕訳

 

 

~解答~

1.A商店は、従業員に10,000を前貸し現金で支払った。

(立替金)10,000 (現金)10,000

2.A商店は、従業員に給料70,000を支給した。なお、前貸分は控除して現金で支払った。

(給料)70,000 (現金)60,000
        (立替金)10,000

3.B商店は、A商店が負担すべき交通費3,000を立て替えて現金で支払った。

(立替金)3,000  (現金)3,000

交通費云々とありますが、B商店からしてみますとA商店への立替えです。
したがいまして、勘定科目は交通費ではなく立替金になります。

4.A商店は、上記3の交通費をB商店に現金で支払った。

・A商店の仕訳

(交通費)3,000 (現金)3,000

立て替えてもらったお金を払いますが、A商店からしますと、交通費の支払いです。
したがいまして、勘定科目は立替金ではなく交通費となります。

・B商店の仕訳

(現金)3,000 (立替金)3,000

B商店としましては、立て替えたお金が返ってきたので、立替金という資産の減少です。
したがいまして、貸方は立替金ですね。