今回は「未収金・未払金」についてです。

1.未収・未払の概要

未収とは「まだもらっていない」、未払とは「まだ払っていない」という意味です。
裏を返しますと、

未収:いつかもらえる
未払:いつか払う

ものとなります。
ということは、

いつかもらえる → 将来お金が入る権利 → 資産
いつか払う → 将来お金を払う義務 → 負債

と言い換えることができます。
今後、勘定科目に「未収○○」「未払○○」といったものが登場しますが、
どれが資産どれが負債なのか分類できない方が非常に多くいらっしゃいます。

その際は、これを思い出して下さい。
これで、未収・未払なんて怖くありません!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント

未収=資産、未払=負債

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2.未収金・未払金の極意

未収金・未払金は、モノを売った(買った)時の
代金をまだ貰っていない(払っていない)時に計上する科目です。
仕訳としては、本来は現金預金がくる場所にこの未収金・未払金を計上します。

未収金・未払金は売掛金・買掛金と非常に間違え易い科目です。
どちらも「まだもらってない(払ってない)」ものです。
しかし、ここには明確な差があります。

それは、

本業で生じた未収金・未払金か否か?

です。
商品売買を本業としているところが、商品を販売して代金が未収だった場合には売掛金。
商品以外のものを売却して代金が未収だった場合には未収金となります。

簿記では、本業とそれ以外を明確に区別しています。
商品売買を本業としている会社が、
商品以外のものを売っても「売上とはならない」のと同じですね。

なお、試験上は「商品を販売(仕入れ)」とない限り、
本業以外のものを売った(買った)ものとして扱います

商品以外のものは、販売(仕入)ではなく売却(購入)といった書かれ方をしますので、
最悪、そこで判断すればOKですね。

例)商品販売を本業とするA商店が、備品1,000を購入し代金は月末に支払うこととした。

(備品)1,000 (未払金)1,000

例2)備品販売を本業とするA商店が、商品(備品)1,000を仕入れ代金は月末に支払うこととした。

(仕入)1,000 (買掛金)1,000

違いは・・・大丈夫ですね!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント

本業で生じた未収・未払 → 売掛金・買掛金

本業以外で生じた未収・未払 → 未収金・未払金

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

3.おわりに

今回は「未収金・未払金」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。

未収金・未払金と売掛金・買掛金の違いがわからないという方が結構いらっしゃいますが、
商品売買に該当する未収・未払か否かで判断すればOKです。
これで、売掛金・買掛金とゴチャゴチャになることはありませんね!