今回は「商品券・他店商品券」についてです。
1.商品券の概要

商品を購入する際、通常であれば購入時に代金を払います。
しかし、商品券の場合は、まず商品券の購入に代金を払い、
実際に商品を購入する際は商品券を渡しますので代金の支払いはありません。

そうしますと、商品券の購入は
「将来、商品を購入する際に代金を払わなくても良い」
という権利を購入したと言い換えることができます。
将来お金を払わなくてもいい権利ですので、これは資産になります。

一般生活でも、ビール券や食事券などで商品を購入することもあるかと
思いますので、「商品券=お金=資産」というのは分かり易いかと思います。

しかし、簿記上は1つだけ分かりにくい点があります。
それは、
商品券勘定は商品券を「発行する側」の処理
になっているということです。
商品券を発行する側は、商品券を販売してお金をもらう代わりに、
商品を販売した際はお金を受け取ることができません。

つまり、商品を販売してもお金を貰えないという義務を負っていますので、
商品券=負債
となります。
普段のイメージですと商品券は資産ですから、勘違いする方が結構いらっしゃいます。
商品券勘定は商品券を発行する側の処理だということを覚えておいて下さい。

また、商品券を購入した側については「他店商品券勘定(資産)」を使用します。
逆に覚えないようにして下さい!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント

商品券=負債、他店商品券=資産

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2.商品券・他店商品券の極意

商品券を発行する側は「先にお金を受け取る」、
商品券を購入した側は「先にお金を支払う」状態になっていますので、
実際に商品を販売(購入)した場合には、
商品券分の代金を商品券勘定(他店商品券勘定)で仕訳すればOKです。

商品券(他店商品券)を販売(購入)した場合の処理は次のようになります。
例1)商品券の販売(購入)
A商店はB商店に1,000の商品券を販売し、代金は現金で受け取った。
・A商店
(現金)1,000 (商品券)1,000
・B商店
(他店商品券)1,000 (現金)1,000
商品券を販売した時点では、売上にはなりません。

 

例2)商品券の使用
B商店はA商店から商品300を仕入れ、代金はA商店の商品券で支払った。

・A商店
(商品券)300 (売上)300
・B商店
(仕入)300 (他店商品券)300
商品を販売(購入)した時点で初めて売上(仕入)を計上します。

 

例3)不足額がある場合
B商店はA商店から商品1,000を仕入れ、
代金はA商店の商品券700と現金300で支払った。

・A商店
(商品券)700  (売上)1,000
(現金)300

・B商店
(仕入)1,000  (他店商品券)700
           (現金)300

不足額がある場合に差額を現金で受け取って(支払って)いますので、
不足分は現金勘定を使用します。
例4)おつりがある場合
B商店はA商店から商品800を仕入れ、
代金はA商店の商品券1,000で支払い、おつりは現金で受け取った。

・A商店
(商品券)1,000 (売上)800
          (現金)200

・B商店
(仕入)800  (他店商品券)1,000
(現金)200
おつりを出した場合に差額を現金で支払って(受け取って)いますので、
おつり分は現金勘定を使用します。
商品券・他店商品券については、イメージが付き易いと思いますので、
そんなに苦戦はしないかなと思っています。

3.おわりに

今回は「商品券・他店商品券」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
商品券が負債というのがイメージしにくいところもあるかも知れませんが、
発行者側の処理だからという理由で納得して頂けたかと思います。

ゴチャゴチャになりそうでしたら、「他店商品券=資産」をまず覚えて、
逆の勘定である商品券については負債なんだなと覚えるのもいいと思いますよ