簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、前回のメルマガを確認してから解いて下さいね。

~問題~

1.A商店はB商店に商品券3,000を販売し、代金は現金で受け取った。

・A商店の仕訳

・B商店の仕訳

2.B商店はA商店から商品1,500を仕入れ、代金はA商店の商品券で支払った。

・A商店の仕訳

・B商店の仕訳

3.B商店はA商店から商品5,000を仕入れ、代金はA商店の商品券1,500、
C商店の商品券2,000、現金500で支払い、残額は掛とした。

・A商店の仕訳

・B商店の仕訳

~解答~

1.A商店はB商店に商品券3,000を販売し、代金は現金で受け取った。

・A商店の仕訳
(現金)3,000 (商品券)3,000

・B商店の仕訳
(他店商品券)3,000 (現金)3,000

商品券を販売した時点では売上(仕入)にはなりません。
また、くどいですが、商品券勘定は負債、他店商品券勘定は資産になります。

2.B商店はA商店から商品1,500を仕入れ、代金はA商店の商品券で支払った。

・A商店の仕訳
(商品券)1,500  (売上)1,500

・B商店の仕訳
(仕入)1,500  (他店商品券)1,500

実際に商品を販売した時点で売上(仕入)が発生します。

3.B商店はA商店から商品5,000を仕入れ、代金はA商店の商品券1,500、
C商店の商品券2,000、現金500で支払い、残額は掛とした。

・A商店の仕訳
(商品券)  1,500  (売上)5,000
(他店商品券)2,000
(現金)    500
(売掛金)  1,000

・B商店の仕訳
(仕入)5,000  (他店商品券)3,500
          (現金)    500
          (買掛金)  1,000

やや複雑な問題ですが、一つずつ考えていくと簡単です。

A商店は、A商店の商品券を受け取れば「商品券勘定」、A商店以外の商品券を受け取れば「他店商品券勘定」で処理します。
B商店は、A商店の商品券とC商店の商品券を使っていますので、どちらも「他店商品券勘定」を使用すればOKです。
また、残額は掛としたとありますので、残額は差額で出しましょう
そして、最後に貸借が一致することを確認して終了です。