簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、前回のメルマガを確認してから解いて下さいね。

~問題~

1.A商店はB商店に商品1,800を売り上げ現金300を受け取り、残額は掛けとした。

・A商店の仕訳

・B商店の仕訳

2.A商店はC商店に商品3,000を販売することとし、手付金として1,000を現金で受け取った。

・A商店の仕訳

・C商店の仕訳

3.A商店は2の商品を引き渡し、手付金を控除した残額のうち800を現金で受け取り残額は掛けとした。

・A商店の仕訳

・C商店の仕訳

~解答~

1.A商店はB商店に商品1,800を売り上げ、現金300を受け取り、残額は掛けとした。

・A商店の仕訳
(現金)300  (売上)1,800
(売掛金)1,500

・B商店の仕訳
(仕入)1,800 (現金)300
       (買掛金)1,500

問題文に商品の引渡しについて言及されていない場合には、商品の引渡しが
あったものと考え
ていつも通りの仕訳をすればOKです。

2.A商店はC商店に商品3,000を販売することとし、手付金として1,000を現金で受け取った。

・A商店の仕訳
(現金)1,000 (前受金)1,000

・C商店の仕訳
(前払金)1,000 (現金)1,000

この問題では商品の引渡しがあったか否かは書かれていませんが、
「手付金」とある時点でまだ商品の引渡しは行われていないものと判断して下さい。

3.A商店は2の商品を引き渡し、手付金を控除した残額のうち800を現金で受け取り残額は掛けとした。

・A商店の仕訳

(前受金)1,000  (売上)3,000
(現金)800
(売掛金)1,200

・C商店の仕訳

(仕入)3,000  (前払金)1,000
         (現金)800
         (買掛金)1,200

解き方の順番は次の通りです。

(1)引渡しがあった時点で、仕入・売上を計上(総額で)
(2)前受金・前払金を引っくり返す
(3)現金で払った金額を記帳
(4)差額に買掛金・売掛金
(5)貸借一致を確認

仕訳は若干複雑ですが、バラして考えれれば大した問題ではありません。
ゆっくりと間違えないように仕訳をしましょう。