今回は「仮受金・仮払金」についてです。

 

1.仮受金・仮払金の概要

お金を払ったりもらったりする場合、通常は

「何のために」

払ったのかもらったのかがわかります。
商品を売ったのであれば、「商品を売ったから」お金をもらうことになります。

しかし、この「何のために」が不明にもかかわらず、入出金があるケースがあります。
このような場合、どのような仕訳をすれば良いでしょうか。

例1)A商店の当座預金口座に1,000が入金されたが、内容は不明

(当座預金)1,000 (???)1,000

例2)従業員が出張の際、当座の資金として500を現金で手渡した。

(???)500 (現金)500

上記例の場合、現金・当座預金という資産が増減していますので、簿記上は取引です。
取引があった場合には仕訳をしなければなりません。

しかし、解答を見ておわかりの通り、貸借で仕訳が切れません。
仕訳は必ず貸借を一致させないといけないんでしたね。

そこで、上記例で(???)としたところに「とりあえずの科目」を入れてあげます。

借方が(???) → 仮払金勘定(一応「資産」)
貸方が(???) → 仮受金勘定(一応「負債」)

仮(とりあえず)に払ったお金なのか、受けたお金なのかを考えましょう。
なお、

仮払金:「とりあえず払っておいたけど返ってくるかも」ということで資産のイメージ
仮受金:「とりあえずもらっておいたけど返さないとかも」ということで負債のイメージ

になります。

前回学習した「前受金・前払金」と同じように覚えるのもいいですね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント

(???)が借方なのか貸方なのかに注目する

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2.仮受金・仮払金の極意

原因不明の入出金があった場合には、「仮受金・仮払金」という「とりあえず勘定」を使用します。
仕訳の方法としては、

(1)わかるものを仕訳する
(2)わからないところは「とりあえず勘定」
(3)借方不明なら仮払金、貸方不明なら仮受金

これでOKです。

先ほどの例で確認していきましょう。

例1)A商店の当座預金口座に1,000が入金されたが、内容は不明

(当座預金)1,000 (仮受金)1,000

→ 貸方が不明だから「仮受金」を使用

例2)従業員が出張の際、当座の資金として500を現金で手渡した。

(仮払金)500 (現金)500

→ 借方が不明だから「仮払金」を使用

3.おわりに
今回は「仮受金・仮払金」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
内容不明の入金や、旅費などをとりあえずお金を払っておいて後で精算するということは、実務上もよくあります。
実務にも直結した処理ですので、ぜひとも覚えておいて下さい。