簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、前回のメルマガを確認してから解いて下さいね。

~問題~

1.A商店は70,000を当座預金に元入れし事業を開始した。

2.光熱費3,000を現金で支払った。なお、このうち1,000は店主個人の光熱費である。

3.店主は、上記2の金額を現金で返済した。

 

~解答~

1.A商店は70,000を当座預金に元入れし事業を開始した。

(当座預金)70,000 (資本金)70,000

元入れといわれたら資本金の増加です。

2.光熱費3,000を現金で支払った。なお、このうち1,000は店主個人の光熱費である。

(光熱費)2,000 (現金)3,000
(引出金)1,000

全て光熱費にしてしまいませんでしたでしょうか?
1,000については店主個人の光熱費、即ち私用で使ったものになります。
したがって、その部分については光熱費ではなく「引出金」となります。

3.店主は、上記2の金額を現金で返済した。

(現金)1,000 (引出金)1,000

通常、引出金はすぐに決済されます。
一時的に会社から借りたお金というイメージですね。
引出金が返ってきた場合には、引出金を取り消す仕訳をすればOKです。