今回は「修正仕訳」についてです。

1.修正仕訳の概要

仕訳を切った際に、金額や科目を間違ってしまったということはよくあります。
また、仕訳を切ること自体を忘れていたということもあります。
仕訳の間違いのことを「誤記帳」、仕訳を忘れていたことを「記帳漏れ」といいます。

誤記帳と記帳漏れの処理は次のように行います。

・誤記帳

誤った仕訳は修正しなければなりませんので、これを直す処理をします。
誤記帳を直す仕訳のことを、「修正仕訳」と呼びます。

・記帳漏れ

仕訳をするのを忘れていたということは、当然ですが仕訳をしなければなりません。
元々仕訳をしていな状態ですから、その仕訳をしてあげればおしまいです。

「記帳漏れ=普通に仕訳する」

ということですね。

例)
A商店はB商店から商品1,000を仕入れ、代金は現金で払ったが、処理を失念していた。

(仕入)1,000 (現金)1,000

失念していたのであれば、気付いた時にその仕訳をしなければなりません。
よって、そのまま普通に仕訳すればOKです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

・誤記帳 → 修正仕訳
・記帳漏れ → そのまま仕訳

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2.修正仕訳の極意

誤記帳の場合、仕訳をしたけど間違っていましたという状況です。
この場合は修正仕訳を行う訳ですが、修正仕訳の手順は次の通りです。

(1)誤った仕訳をする
(2)誤った仕訳の逆仕訳(※)をする
(3)正しい仕訳をする
(4)上記(2)と(3)の仕訳を合算
(5)検算する

※逆仕訳=元の仕訳と貸借逆にする仕訳。反対仕訳とも言います。

この手順があれば修正仕訳は完璧です。
苦手な方が多い項目ですが、この手順に従えば間違えることはありません!

例1)
売掛金1,000が当座預金に入金されたが、誤って現金入金として処理した。

(当座預金)1,000 (現金)1,000

(1)誤った仕訳
(現金)1,000 (売掛金)1,000

(2)誤った仕訳の逆仕訳
(売掛金)1,000 (現金)1,000

(3)正しい仕訳
(当座預金)1,000 (売掛金)1,000

(4)上記(2)と(3)の仕訳を合算
(売掛金)1,000 (現金)1,000
(当座預金)1,000 (売掛金)1,000

※かぶっている項目:(売掛金)1,000
   ↓
(当座預金)1,000 (現金)1,000  → 解答

(5)検算

誤った仕訳+訂正仕訳=正しい仕訳 となればOKです。

(現金)1,000 (売掛金)1,000
(当座預金)1,000 (現金)1,000
        ↓
(当座預金)1,000 (売掛金)1,000

上記(3)の正しい仕訳と一致していることを確認して下さい。

例2)
A商店はB商店から商品3,500を仕入れ代金は掛けとしたが、貸借逆に仕訳していた。

(仕入)7,000 (買掛金)7,000

(1)誤った仕訳
(買掛金)3,500 (仕入)3,500

(2)誤った仕訳の逆仕訳
(仕入)3,500 (買掛金)3,500

(3)正しい仕訳
(仕入)3,500 (買掛金)3,500

(4)上記(2)と(3)の仕訳を合算
(仕入)3,500 (買掛金)3,500
(仕入)3,500 (買掛金)3,500
    ↓
(仕入)7,000 (買掛金)7,000  → 解答

(5)検算

誤った仕訳+訂正仕訳=正しい仕訳 となればOKです。

(買掛金)3,500 (仕入)3,500
(仕入)7,000 (買掛金)7,000

(仕入)3,500  (買掛金)3,500

上記(3)の正しい仕訳と一致していることを確認して下さい。

また、「貸借逆に切ってしまった」という問題の場合、次のように解くこともできます。

・正しい仕訳×2

貸借逆の場合、逆仕訳は正しい仕訳になります。
これに正しい仕訳を加えると答えになる訳ですから、正しい仕訳×2が答えになりますね。
上記例ですと、

(仕入)3,500  (買掛金)3,500  ×2 =(仕入)7,000  (買掛金)7,000

となります。
簡単ですね。

ただし、慣れるまでは原則通り解くことをお勧めします!

3.おわりに

今回は「修正仕訳」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
苦手な方が多い論点ですが、基本に忠実に解けば必ず解けます。
まずは、解き方をマスターして下さいね。