こんにちは、KENです。

今回は「伝票会計3」についてです。

1.一部現金取引の概要

一部現金取引とは、

「借方・貸方どちらか一方に現金と現金以外の科目が混在する仕訳」

のことをいいます。
この場合、今まで通りに伝票を起票することができません。

例)
A商店はB商店から商品30,000を仕入れ、代金はC商店から受取った手形
17,000を裏書譲渡し、残額は現金で支払った。(3伝票制)

この問題を仕訳にしますと次の通りです。

(仕入)30,000  (受取手形)17,000
              (現金)13,000

このケースでは、貸方に受取手形と現金が混在します。
そうしますと、今まで通りに伝票を起票することはできません。

こういったケースを「一部現金取引」といい、伝票の問題では最難関になります。
一部現金取引では2つの解法があります。
どちらを選択するかは、問題文の指示によります。

第1法:取引を分解する方法
第2法:いったん掛取引とみなす方法

この両方を、解説していきます。
一部現金取引は、苦手な方がとても多い項目です。
しかし、慣れてしまえば大したことはありませんから、ご安心下さい。

2.第1法

第1法は、取引を分解する方法です。
先ほどの例で確認しましょう。

例)
A商店はB商店から商品30,000を仕入れ、代金はC商店から受取った手形
17,000を裏書譲渡し、残額は現金で支払った。(3伝票制)

(仕入)30,000  (受取手形)17,000
            (現金)13,000

この取引を分解しますと、受取手形17,000と現金13,000の取引になります。
仕訳にしますと、

(仕入)17,000  (受取手形)17,000
(仕入)13,000   (現金)13,000

このようになります。
こうしますと、一部現金取引ではなくなりますね。

あとは、

(振替伝票)
仕入17,000 受取手形17,000

(出金伝票)
仕入13,000

とすればOKです。
一部現金取引ではなく、普通の取引に仕訳を変形させ、その仕訳から起票する方法です。

手順としては、

(1) 相手勘定の金額を現金の金額と同じにする。
(2) 合わせた分の金額を相手勘定の元々の金額から控除する
(3) 貸借の一致を確認する

こうなります。
イメージしやすい方法ですね。

3.第2法

第2法はいったん全て掛取引だったとみなす方法です。
こちらの方法は、ようは5伝票制と同じです。
仕入・売上があった場合には、全て掛取引だったものとし、その後に振替処理をします。

先ほどの例で確認しましょう。

例)
A商店はB商店から商品30,000を仕入れ、代金はC商店から受取った手形
17,000を裏書譲渡し、残額は現金で支払った。(3伝票制)

(仕入)30,000  (受取手形)17,000
            (現金)13,000

これを全て掛取引だったとみなすのですから、

(仕入)30,000  (買掛金)30,000
(買掛金)17,000  (受取手形)17,000
(買掛金)13,000  (現金)13,000

となります。
3伝票制ですので、

(振替伝票)
仕入 30,000  買掛金30,000
買掛金17,000  受取手形17,000

(出金伝票)
買掛金13,000

仮に5伝票制だった場合には、

(仕入伝票)
買掛金30,000

(振替伝票)
買掛金17,000  受取手形17,000

(出金伝票)
買掛金13,000

となります。

最後に、正しい仕訳と検算することを忘れないで下さい

4.おわりに

今回は「伝票会計3」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
一部現金取引の問題は、一部現金取引でないようにする伝票を起票する問題です。

第1法と第2法、いずれも出題されますが、
どちらかと言いますと第2法の方が多い傾向にあります。
第2法の方が、論点が多いですからね。

一部現金取引は慣れるまで時間が掛かりますが、慣れてしまえば大したことはありません。
しっかりとおさらいしておいて下さい。