こんにちは、KENです。

今回は「現金過不足の決算整理」についてです。

1.概要

現金過不足の処理は覚えていらっしゃいますでしょうか。
期中に、現金の実際残高と帳簿残高が一致しない場合において、
その原因がわからないときは「現金過不足」として処理をしました。

例)
現金の実際残は1,000、帳簿残高は800であり、差額の原因は不明

(現金)200  (現金過不足)200

実際残と帳簿残では、当然ですが実際残が正しくなります。
この差額の原因が不明の場合には、ひとまず現金過不足(仮勘定)を使って処理します。

原因が判明すれば問題ありませんが、判明しない場合は現金過不足が残ってしまいます。
現金過不足は仮勘定ですので、翌期に繰り越すことはできません。
したがって、決算において現金過不足が残っている場合、これを取り消す処理をします。

処理の仕方は次の通りです。

借方残の場合

(雑損)××× (現金過不足)×××

貸方残の場合

(現金過不足)××× (雑収)×××

仕訳をする際には、次の順番で行いましょう。

(1)現金過不足をひっくり返す
(2)空いているのが借方であれば「雑損」、貸方であれば「雑収」

この順番通りに仕訳を切れば、間違えることはありません。
必ず、順番を守りましょう。

2.現金過不足の決算整理

上記の概要でお話した通りに仕訳を行えば何ら問題はありません。
たまにトリッキーな問題もありますので、ここではそれを紹介しましょう。

例)
決算にあたり現金過不足3,000(借方)につき調査を行ったところ、次のことが判明した。
決算整理仕訳をしなさい。

・買掛金3,000を現金で決済したが記帳漏れだった
・保険料300を現金で支払っていたが記帳漏れだった
・当座預金から支払った手数料500につき、次の仕訳をしていた

(支払手数料)500  (現金)500

・残額については、原因が判明しなかった

(買掛金)3,000  (現金過不足)3,000
(保険料)300   (当座預金)500
(雑損)200

現金過不足の決算整理では、現金の仕訳はしません
なぜなら、現金過不足の仕訳をした時点で、
強制的に現金は動かしているからです。

そうすると、現金以外の仕訳をすればOKということになります。

この問題では、まず現金過不足をひっくり返し、
それから買掛金の決済と保険料の支払い、そして当座預金の振替をします。
そして、差額が借方であれば雑損、貸方であれば雑収となります。

仕訳の順番としては、次のようになります。

(1)現金過不足をひっくり返す
(2)記帳漏れ及び誤記帳のうち現金以外の部分を仕訳
(3)差額が借方であれば「雑損」、貸方であれば「雑収」
(4)貸借の一致を確認する

仕訳の順番を守れば問題ありませんね。

3.おわりに

今回は「現金過不足の決算整理」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
現金過不足は、期中仕訳も決算整理も「仕訳の順番」が最も重要です。

これさえ守れば、間違えることはありません。
逆に、守らないと結構貸借を逆にする方がいます。
ぜひ、順番を守って仕訳するようにして下さいね。