こんにちは、KENです。

簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、前回の記事を確認してから解いて下さいね。

~問題~

決算にあたり現金過不足3,000(貸方)につき調査を行ったところ、次のことが判明した。
決算整理仕訳をしなさい。

・売掛金2,000を現金で受け取っていたが記帳漏れだった
・利息600を現金で受け取っていたが記帳漏れだった
・配当金領収書200につき、何の処理もしていなかった
・残額については、原因が判明しなかった

~解答~

決算にあたり現金過不足3,000(貸方)につき調査を行ったところ、次のことが判明した。
決算整理仕訳をしなさい。

・売掛金2,000を現金で受け取っていたが記帳漏れだった
・利息600を現金で受け取っていたが記帳漏れだった
・配当金領収書200につき、何の処理もしていなかった
・残額については、原因が判明しなかった

(現金過不足)3,000  (売掛金)2,000
            (受取利息)600
            (受取配当金)200
              (雑収) 200

こちらはオーソドックスな問題になります。
現金過不足の決算整理は次の流れでした。

(1)現金過不足をひっくり返す
(2)記帳漏れ及び誤記帳のうち現金以外の部分を仕訳
(3)差額が借方であれば「雑損」、貸方であれば「雑収」
(4)貸借の一致を確認する

この通りにやりますと、今回の解答が導き出せます。
最後に、貸借が一致しているかどうかを必ず確認して下さい。