簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、前回の記事を確認してから解いて下さいね。

~問題~

A社は次の社債を所有している。

額面100円当たり92円で300口購入(手数料400)

当該社債について決算整理を行いなさい。

・時価が100円当たり100円の場合

 

・時価が100円当たり85円の場合

 

 

~解答~

A社は次の社債を所有している。

額面100円当たり92円で300口購入(手数料400)

当該社債について決算整理を行いなさい。

このような問題では、まず簿価を計算しましょう。
1口当たり92円で300口購入していますので、簿価は次のようになります。

@92×300口+400=28,000

これを踏まえて、決算整理を行います。

・時価が100円当たり100円の場合

(売買目的有価証券)2,000  (有価証券評価益)2,000

@100×300口=30,000ですので、30,000-28,000=2,000が評価益となります。

・時価が100円当たり85円の場合

(有価証券評価損)2,500  (売買目的有価証券)2,500

@85×300口=25,500ですので、25,500-28,000=△2,500が評価損となります。

なお、T/Bの金額は次の通りです。

・前T/B

28,000

・後T/B

(評価益の場合)

売買目的有価証券 30,000
有価証券評価益 2,000

(評価損の場合)

売買目的有価証券 25,500
有価証券評価損 2,500