今回は「有価証券の決算整理」についてです。

1.売買目的有価証券の決算整理の概要

売買目的有価証券は購入時に「購入代価+付随費用」を計上します。
そして、期中の計上金額はずっとこのままになります。
しかし、有価証券には時価があります。

簿価=時価とはなりませんので、簿価のままですとB/S価額が
時価とかけ離れたものとなってしまう可能性があります。

そこで、期末に売買目的有価証券の価格を見直します。
簿価ではなく、時価でB/Sに計上しましょうとなるんですね。

これを「有価証券の時価評価」と言います。
時価評価の概念は、近年、かなり積極的に行われています。

簿価ではなく時価で貸借対照表に計上することで、
よりリアルなB/Sを作成することができるようになります。

また、簿価と時価との差額は次のように処理します。

・簿価>時価の場合

プラス分を「有価証券評価益」勘定

・簿価<時価の場合

マイナス分を「有価証券評価損」勘定

売買目的有価証券の決算整理は完全な点取り問題ですので、
ここでしっかりと押さえておいて下さい。

なお、T/B上では売買目的有価証券は次のようになります。

・前T/B

簿価

・後T/B

時価

2.売買目的有価証券の決算整理

例)
A社の株式300株を@200で購入し、手数料1,000と共に現金で支払った。

(売買目的有価証券)61,000  (現金)61,000

付随費用は簿価にプラスします。
300×200+1,000=61,000となります。

例2)
上記株式の決算整理を行う。
なお、期末の時価は180である。

(有価証券評価損)7,000  (売買目的有価証券)7,000

時価180ですので、300株×@180=54,000がB/S価額になります。
簿価は61,000ですので、61,000-54,000=7,000のマイナスになります。
マイナスの場合は「有価証券評価損」勘定を使用します。

3.おわりに

今回は「有価証券の決算整理」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
ここで時価評価というものを覚えておいて下さい。
時価評価は現代会計のテーマですから。