簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、前回の記事を確認してから解いて下さいね。

~問題~

決算にあたり、仮払金の決算整理を行う。
仮払金の内容は次の通りである。

・出張旅費の仮払い 2,000

なお、当該出張に係る費用は、旅費2,500であった。
また、この他に現在出張中の従業員への仮払いが3,000ある。

・備品購入の手付金8,000

なお、決算日現在において当該備品の引き渡しは完了している。

~解答~

決算にあたり、仮払金の決算整理を行う。
仮払金の内容は次の通りである。

・出張旅費の仮払い 2,000

なお、当該出張に係る費用は、旅費2,500であった。
また、この他に現在出張中の従業員への仮払いが3,000ある。

(旅費)2,500 (仮払金)2,000
         (未払金)500

(立替金)3,000  (仮払金)3,000

出張が完了しているため、仮払金の精算を行います。
仮払金との過不足があった場合には、未収金・未払金で処理を行います。
また、出張中の場合には精算ができませんので、仮払金から立替金に振替えをします。

・備品購入の手付金8,000

なお、決算日現在において当該備品の引き渡しは完了している。

(備品)8,000  (仮払金)8,000

備品の引き渡しを受けているため、借方は備品となります。