1.掛取引の極意

掛取引を簡単に言いますと、「後で払うよ」という取引です。
昔風で言いますと「ツケ」ですね。
一般の商取引では、掛取引は頻繁に発生しますので、しっかりと処理を覚えましょう。

ただし、処理と言いましても簡単です。

「代金は掛けとした」
「代金は月末に支払うこととした」

などとあれば、仕入れた側なら「買掛金」、売った側なら「売掛金」とするだけです。

例)
A商店は商品100を仕入れ、代金は掛けとした。
なお、運送費用10はA商店負担とし、代金は月末に支払うこととした。

(仕入)110 (買掛金)110

付随費用は仕入れに乗っけるんでしたね。
100+10=110が仕入の金額となります。
また、付随費用の未払は問題分に指示がない限り、買掛金で処理してOKです。

例2)
B商店は商品100を販売し、代金は掛けとした。
また、運送費用10(相手先負担)を現金で支払った。

(1)売掛金と分ける方法

(売掛金)100  (売上)100
(立替金) 10

(2)売掛金に含める方法

(売掛金)110  (売上)110

商品を販売した場合に付随費用とかがあった場合には、
問題分の指示によって掛に乗せるか否かを決めましょう。

ただし、何の指示もない場合には(1)の方法にして下さい
運送費用はあくまで相手先負担のものを立て替えているだけです。
そうしますと、当然「立替金」になります。

問題分で「売掛金に含めること」とない限りは、立替金として処理しましょう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント
 「代金は掛けとした」=買掛金or売掛金
 立て替えた付随費用は「立替金」が原則
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2.売掛金・買掛金と未収金・未払金の違い

さて、ちょっと話は変わりますが、未収金・未払金というものがあります。
未収金は「将来お金をもらえる」ことで、未払金は「将来お金を払う」ことです。
これって、売掛金・買掛金と同じですよね。

さて、これらの差ってなんでしょう?
結構知らない方が多い論点です。
そして、とても大事なことです。

覚えて下さい。

この差は、

主たる営業取引の未収・未払か否か

です。
商品売買を主たる営業としているのであれば、

・商品売買で未収だったら売掛金、未払いだったら買掛金。
・商品売買以外で未収だったら未収金、未払いだったら未払金

となります。

簿記では、主たる営業取引とそれ以外の取引を厳密に区別しています。
商品を仕入れたら、本来は資産です。

しかし、商品売買を主たる営業取引としていれば
「仕入」と処理することが可能になります。
この例外は、他にはありません。

ちょっと難しい話になってしまいましたが、
簡単に言うと、

・商品売買で未収だったら売掛金、未払いだったら買掛金。
・商品売買以外で未収だったら未収金、未払いだったら未払金

です。
忘れないようにしておいて下さい!