簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、
該当する記事を読んでからやってみて下さい。

お時間のある時に解いてみて下さいね!

~問題~

※商品売買の記帳方法は三分法

1.KEN商店は商品1,000を仕入れ、代金はKEN商店振出の小切手で支払った。
2.KEN商店は商品800を仕入れ、代金はA商店振出の小切手500と現金で支払った。
3.KEN商店は商品1,500を仕入れ代金は小切手を振り出して支払った。なお、当座預金の残高は1,000であり、当座借越契約1,000を締結している。(二勘定制)
4.KEN商店は商品2,000を販売し、代金は小切手で受取り直ちに当座預金に預け入れた。なお、当座借越が500ある。
5.KEN商店は商品1,200を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。なお、当座預金の残高は300であり、当座借越契約1,000を締結している。(一勘定制)

 

~解答~

1.KEN商店は商品1,000を仕入れ、代金はKEN商店振出の小切手で支払った。

(仕入)1,000 (当座預金)1,000

振出人に注目!

2.KEN商店は商品800を仕入れ、代金はA商店振出の小切手500と現金で支払った。

(仕入)800  (現金)800

他人振出の小切手は「現金」です。
従いまして、払った現金と小切手ともに現金となりますから、貸方は現金800になります。

3.KEN商店は商品1,500を仕入れ代金は小切手を振り出して支払った。
なお、当座預金の残高は1,000であり、当座借越契約1,000を締結している。(二勘定制)

仕入)1,500  (当座預金)1,000
          (当座借越)500

二勘定制の場合は勘定科目「当座預金」「当座借越」です。
当座預金のマイナスはありませんので、ゼロがミニマムとなります。
ゼロを下回った部分は当座借越勘定で仕訳します。

4.KEN商店は商品2,000を販売し、
代金は小切手で受取り直ちに当座預金に預け入れた。なお、当座借越が500ある。

(当座借越)500  (売上)2,000
(当座預金)1,500

当座借越がある場合には、まず借越の返済を行います。
そして、余れば残りを当座預金に。

5.KEN商店は商品1,200を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。
なお、当座預金の残高は300であり、当座借越契約1,000を締結している。(一勘定制)

(仕入)1,200  (当座)1,200

一勘定制の場合は、「当座」勘定のみ使用します。
従いまして、当座預金がマイナスになった場合でもそのまま当座でOK。
なお、当座借越契約を超えてマイナスになるケースは、試験上は出題されません。