簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。

ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、該当する記事を確認してから解いて下さいね。

~問題~

次の項目はどのような勘定科目になるか答えなさい。

1.タクシー代
2.ティッシュ代
3.切手代
4.電話代
5.水道代
6.伝票代
7.郵便はがき代
8.本代
9.インターネット代
10.バス代

~解答~

1.タクシー代

交通費

2.ティッシュ代

消耗品費(又は雑費)

3.切手代

通信費

4.電話代

通信費

5.水道代

光熱費(又は水道光熱費)

6.伝票代

消耗品費(又は雑費)

7.郵便はがき代

通信費

8.本代

図書費(又は図書新聞費、雑費)

9.インターネット代

通信費

10.バス代

交通費

カッコ書きについては、とりあえず無視してもOKです。
この項目はこの科目なんだな~と何となくわかっていれば大丈夫ですよ!