1.現金過不足の概要

帳簿の現金残高と実際の金庫に入っている現金残高。
これが一致すれば問題ありませんが、一致しないケースもあります。
これを簿記では

「現金過不足」

と呼びます。
現金過不足が発生した場合、これを調整する措置を取らなければなりません。

2.現金過不足の極意

現金過不足が発生した場合には、

「帳簿に合わせる」
「金庫に合わせる」

のいずれかの措置を取らないといけません。
では、どちらに合わせればいいでしょうか。

答えは、

金庫に合わせる

これです。
実際に目の前にあるお金こそ、本当の残高ですよね。
ですから、帳簿がいくらであろうと、金庫に合わせる措置を取らなければなりません。

そして、金庫に合わせる場合には、
現金勘定を増減させる
ことになります。

そうするとことで、「帳簿=金庫」になりますね。
しかし、現金を増減させてその相手勘定はどうしましょうか。

例えば、帳簿が金庫より500多ければ、

(現金)500  (???)???

となり、これでは貸借が一致しません。
さて、どうしましょう。

ここで登場するのが、「現金過不足勘定(仮勘定)」です。
現金過不足勘定は、資産でも負債でも資本でも収益でも費用でもありません

あくまで「仮」勘定になります。
貸借を一致させるための「とりあえず」の勘定科目ですね。

先ほどの仕訳では、

(現金)500  (現金過不足)500

となります。

解き方のポイントは、

(1)現金を増減させて金庫に合わせる
(2)相手勘定科目に「現金過不足勘定」と(1)の金額を入れる

これだけです。
まず、金庫に合わせて、そして空白の勘定に現金過不足勘定を入れればOKです。

例題1)「帳簿<金庫」のケース

現金の帳簿残高は1,000だが、金庫にある現金残高は1,200だった。

(現金)200  (現金過不足)200

最初に借方現金200を仕訳して、次に空白の貸方に現金過不足200を入れて終了。

例題2(「帳簿>金庫」のケース

現金の帳簿残高は1,000だが、金庫にある現金残高は700だった。

(現金過不足)300  (現金)300 

最初に貸方現金300を仕訳して、次に空白の借方に現金過不足300を入れて終了。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント

現金過不足が発生した場合は、現金勘定を金庫に合わせる!
仕訳の際、まずは現金の増減を仕訳して相手勘定に現金過不足!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

3.原因判明

現金過不足が発生した場合において、原因が判明したケースです。
この場合、判明した取引を仕訳してあげればOKです。

例題3)

上記例題2において現金過不足として処理していた300は、
交通費300の記帳漏れであることが判明した。

(交通費)300 (現金過不足)300

本来であれば貸方は「現金」ですが、
現金については現金過不足を計上した時点で、計上されています。
したがいまして、貸方は現金ではなく「現金過不足」となります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント

現金過不足の仕訳後に原因が判明した場合、本来現金として仕訳する箇所は、
「現金過不足」で仕訳!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

4.おわりに

今回は現金過不足について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
現金過不足は決算整理でも出てくる項目ですので、
まずは今回の箇所をしっかりと押さえておいて下さいね!