簿記の上達方法はなんといっても「問題を解くこと」です。
問題を解いた分だけ理解度も上がりますので、ぜひ解いて下さいね。
ただし、闇雲に解くのではなく、

内容を理解してから解く

ことを忘れないで下さい。
ですので、内容を理解していない場合には、該当する記事を確認してから解いて下さいね。

~問題~

1.金庫の中身を確認したところ現金が1,800あった。
現金の帳簿残高は1,200であり、差額の原因は不明。

2.1について、売掛金の回収600が未記帳であることが発覚した。

3.金庫の中身を確認したところ現金が1,500あった。
現金の帳簿残高は2,000であり、差額の原因は不明。

4.2について次の事実が発覚した。
・配当金領収書の計上漏れ300
・交通費の計上漏れ200
・光熱費の計上漏れ400

なお、差額については未だ調査中である。

~解答~

1.金庫の中身を確認したところ現金が1,800あった。
現金の帳簿残高は1,200であり、差額の原因は不明。

(現金)600 (現金過不足)600

金庫>帳簿 ですから、現金を増やす仕訳をしますので借方現金になります。
相手勘定科目は現金過不足ですね。

2.1について、売掛金の回収600が未記帳であることが発覚した。

(現金過不足)600 (売掛金)600

本来であれば現金の増加ですが、既に1で現金を増やしてあります。
したがって、現金を増やすのではなく、現金過不足を取り消す仕訳をすればOKです。

3.金庫の中身を確認したところ現金が1,500あった。
現金の帳簿残高は2,000であり、差額の原因は不明。

(現金過不足)500 (現金)500

帳簿>金庫 ですから、現金を減らす仕訳をしますので貸方現金になります。
相手勘定科目は。。。現金過不足ですね。

4.2について次の事実が発覚した。
・配当金領収書の計上漏れ300
・交通費の計上漏れ200
・光熱費の計上漏れ400

なお、差額については未だ調査中である。

(現金過不足)300 (受取配当金)300
(交通費)200 (現金過不足)200
(光熱費)400 (現金過不足)400

これはやっていないケースです。
原因が複数あって、増えるケースも減るケースもある場合です。
この場合も、

「いつも通り気にせず仕訳する」

だけでOKです。

また、今回は現金過不足が貸方500あり、原因が借方300、
貸方600でNETで貸方300となっており、500-300=200が未だに原因不明となっています。
これは、

そのままとっておけばOK

です。
原因がわかったら、そこでまた仕訳をすればいいだけですね。