今回は「裏書・割引」についてです。

1.概要

手形は支払手段として用います。
基本的には、発行者が手形を振り出して代金の支払いをします。
しかし、これ以外にも使い方があります。

それは、
もらった手形をそのまま使用する
ことです。

小切手の時と同じイメージですね。
額面1,000の手形があれば、
1,000の支払手段として使用することができるのです。

もらった手形をそのまま使用する方法には、
「裏書(うらがき)と割引」があります。
1つずつ確認していきましょう。
2.裏書の極意

もらった手形をそのまま使用する代表的な手段が裏書です。
ようは、
手形を受取る→手形を渡す
これだけです。
手形の満期日まで手形を保有せず、
支払い手段として使用することをいいます。

そして、手形を渡す(譲渡するといいます)ときは、
手形の裏側に渡す相手の名称等を記載して、手形の持ち主を変更します。

持ち主を変更する際に、
手形の裏側に書くことから「裏書」と呼ばれます。
裏書があった場合の仕訳は非常に簡単です。
もらった手形を渡してしまう訳ですから、
手形をなくしてしまえばOKです。
例)A商店は、C商店から商品1,000を仕入れ、代金はB商店振出の約束手形で支払った。
(仕入)1,000 (受取手形)1,000
手形をもらった時には、「受取手形」として仕訳をします。
そして、この受取手形を譲渡したのですから、受取手形の減少の仕訳をすればOKです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・ポイント

受取った手形を譲渡した場合には「貸方:受取手形」で仕訳する!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
3.割引の極意

手形は将来、額面金額を払ってもらえるものですので、
支払手段として使うことができます。
それともう1つ、「売ることができる」というのも手形の特徴となります。

たとえば、1,000円の手形があったとします。
1ヶ月後には1,000円をもらうことができます。

これを、
900円で売りますよ
となれば、購入する人が出てくる訳です。
将来1,000円がもらえる手形を1,000円で買う人はいないですが、
1,000円未満であれば買ってもいいよという人が出てきます。

これにより、額面よりも安くした金額で手形を売却し、
手形を現金化することが可能となります

この、額面金額よりも安く手形を売却することを「手形の割引」といいます。
手形の割引と言われたら「手形を額面金額より安く売った」と思って頂ければOKです。

なお手形の購入者は、ほぼ銀行や信用金庫などの金融機関です。
金融機関は、手形振出人の信用状態等により、割引く金額を決定します。
そして、手形金額から割引金額を控除した残額を、支払うこととなります。

この割引金額は、「手形を売った損失」と考え、
「手形売却損勘定(費用)」を使用します。
早速、例題とともにみていきましょう。

例)
A商店はB商店から受取った手形1,000をC銀行で割引に付し、
割引料50を引かれた残額を当座預金に預け入れた。
(当座預金) 950  (受取手形)1,000
(手形売却損)50
解き方は下記の通りになります。

1.割引に付した時点で、受取手形の減少
2.割引料(費用)を借方に
3.1と2の差額を当座預金
この通りに仕訳すれば、貸借が合わないこともありません。
ぜひ、仕訳の順番を守って下さいね!
4.おわりに

今回は「裏書・割引」について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
簡単に言いますと、「手形は譲渡できる」という話だけです。
譲渡時の処理は、
裏書→受取手形の減少
割引→受取手形の減少+売却損の発生
だけですね。
割引の方を覚えてしまえば、裏書は自然に覚えられると思います。
苦手な方は、まずは割引から学習してみて下さいね。